手術室看護師の役割

手術室看護師は、手術をサポートするうえで大切な役割を担っている職業でもあります。その一方で、手術の時間によっては勤務時間が不規則になってしまう可能性もあります。

手術室看護師にはどのような役割があるのか

手術室看護師,役割

看護師の中には、入院している患者を専門的にケアするのではなく、手術室看護師と呼ばれる働き方をしている看護師も多く存在しています。手術室看護師とは、その名の通り手術室での仕事を主に行っている看護師のこととなっています。では、看護師が手術室で働いていく場合には、どのような役割を担っているのでしょうか。 手術室で看護師が担っている仕事において一番大切なことが、手術中のサポートを行うということになっています。手術は、医師一人で行われているというわけではありません。医師が患者の手術に集中することができるようにするためにも、機材や器具を手渡してサポートしていく看護師の存在が大きなものとなっているのです。 手術というのは、時間が決まっているということもありますが、事故にあった患者が搬送されてきた場合、緊急手術が必要になるという場合もあります。そのため手術室看護師の場合には、勤務時間が不規則になってしまうということも考えられます。夜勤なども存在しているので、手術室看護師として働いていきたいと考えている場合であれば、どのような環境で働いていくことになるのか理解したうえで働いていくということも必要なことになります。 598

手術室看護師と看護助手の違いとは

手術室看護師,役割

手術室看護師とは、手術の際に医師と患者双方のサポートを行う看護師のことです。 主な仕事は、「器械出し」「外回り」の二つが挙げられます。 器械出しとは、手術に使う器具を手渡すなど、医師をサポートする仕事です。 ただし、手術室看護師は、全科目に精通していることが求められます。 診療科目によって扱う器具や使い方は変わりますが、手術の進行状況を把握したうえで、最適な器具を素早く渡さなければならないため、判断力が重要になってきます。 外回りは、手術中の患者のケアおよび手術室のマネジメントを行う仕事です。 看護記録の作成や、手術中の体位交換、手術後の病棟看護師への申し送りなどを行います。 つまり、「手術のスペシャリストである看護師」と言えます。 一方、看護助手は、医師や看護師をサポートするのが仕事です。 病棟・外来・手術室など、様々な場所に勤務します。 仕事内容は、入院患者の食事や入浴の介助といった身の周りの世話や、患者の家族と連絡をとったり、備品の管理といった雑務が中心です。 医師や看護師が円滑に働けるよう配慮しつつ、患者のケアも行うので、全体を見渡せる能力が必要です。 また、資格が必要ないため、看護師より門戸が広いというのが大きな特徴です。 599

更新履歴

メニュー

600